製菓アドバイザーの過去問・テキストは?独学の難易度は高い?

製菓アドバイザーの過去問・テキストは?独学の難易度は高い?

筆者はSARAスクールで資格を取得しました
SARAスクール卒業バナー

インテリさん

洋菓子に関する知識をもっと身につけたい方は製菓アドバイザーを取得してみてはいかがでしょうか?

マニア君

洋菓子に関する知識を認定する資格「製菓アドバイザー」の過去問、テキスト、独学、難易度についてご紹介します。
短期間で取得したい方はSARAスクール通信講座をおすすめします。

思い立ったらすぐ挑戦

製菓アドバイザーとは?

製菓アドバイザーとは?
製菓アドバイザーとして、主に洋菓子に関する知識を有していることを認定されます。洋菓子作りに使われる卵、バターやチーズなどの乳製品、粉、砂糖、チョコレート、ナッツ類、フルーツ、スパイスなど、さまざまな材料について、種類や選び方、その材料を使うことによって洋菓子にどのような効果、メリット、味の変化があるのかなどを理解し、適切な調理、材料選びができる人に与えられる資格です。クリームや生地、スポンジにどのような種類があるのか、その性質や材料などの違いや実際に使う洋菓子について、その作り方に関する知識を有していることも証明されます。資格取得後は、製菓アドバイザーとして自宅やスクールで講師活動をすることができます。
引用:日本安全食料料理協会
資格試験概要

受験資格特になし
受験料10,000円(税込)
受験申請インターネット
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
実施頻度年6回
合格発表日試験の約1ヶ月後

製菓アドバイザーの過去問・テキストは?独学の難易度は高い?

スポンサーリンク

製菓アドバイザーは独学でも十分取得できるレベルで、合格基準も70%以上の評価と難易度はそこまで高くありません。

ただし、製菓アドバイザーを主催する日本安全食料料理協会は過去問とテキストを非公開しています。

過去問とテキストなしでは効率の良い独学は難しく、市販の参考書を購入して勉強しても試験とは関係ない知識を身につけてしまう恐れがあります。

難しい内容でも質問できる相手がいないことから、取得までに多くの時間を要してしまうこともあるでしょう。

忙しい毎日の中で隙間時間を活用して短期間で取得するためには、SARAスクール通信講座の受講をおすすめします。

SARAスクールはW資格講座のため、製菓アドバイザーとお菓子作りパティシエの2資格を同時に取得できます(※プラチナコースの場合)

お菓子作りパティシエとは?
お菓子作りパティシエとして、洋菓子に関するさまざまな知識を有していることが認定されます。
お菓子作りに使うはかりや泡だて器など道具類、型、オーブンの選び方と使い方を理解し、適切に使用することができる人に認定されます。基本的な洋菓子の種類を理解し、実際に作るためのレシピや材料、作る際の注意点などの知識を有していること、クリームや生地など、お菓子に欠かせない素材について、作り方やどのお菓子に使われるかなど一定の知識を有していることが証明されます。また、濃度や糖度といった数値、酸やグルテンなどの成分について理解し、科学的な視点からもお菓子作りに関して一定の知識を有していることも証明されます。
資格取得後は、お菓子作りパティシエとして自宅やスクールで講師活動ができます。
引用:日本インストラクター技術協会

製菓アドバイザー通信講座の学習内容

製菓アドバイザー通信講座の学習内容

スポンサーリンク
通信講座の学習内容

  1. プロが監修したテキストで勉強する
  2. テキストでわからない部分はメールで質問する
  3. 練習問題を解く
  4. 添削課題を解き提出する(計5回)

SARAスクール通信講座はプロが監修したオリジナルテキストで知識を身につけることでき、練習問題・添削課題を解くことができるため、独学のデメリットを解消できます。

わからないことがあれば専門スタッフにいつでもメールで質問できるので、独学と違い1人で悩む心配もありません。

SARAスクール通信講座では基本コースとプラチナコースのどちらかを選択できます。

基本コースは添削課題提出後に資格試験を受験するのに対し、プラチナコースは資格取得が保証されているため、資格試験の受験は免除され卒業試験の提出を終えると製菓アドバイザーとお菓子作りパティシエを取得できます。

確実に資格を取得したい方はプラチナコースの受講を検討してみましょう。

思い立ったらすぐ挑戦

製菓アドバイザー通信講座を受講した口コミ・感想

日々の生活が豊かになりました。学生時代になんとなく習った知識だけでは限界があるので、本格的に学ぶのもいいことだと思います。教材を見て「これなら覚えられるかも」って思いました。
引用:SARAスクール

お菓子作りが趣味なのですが、もっとたくさんのレシピを覚えたい!と思い受講しちゃいました♪教材には自分が思いつかなかったレシピがたくさん載っていて楽しく学ぶことができましたよ♪
引用:SARAスクール

家でよくお菓子を作っていましたが、失敗することも多くなかなかレパートリーが増えませんでした。勉強してからは、お菓子作りの基本がわかったので、失敗することなくいろんなお菓子が作れるようになりました。
引用:SARAスクール

資料請求して、この講座の資料を見た第一印象は「私でも出来るかも」でした。プラチナか基本コースか悩みましたが、試験免除の魅力に負けてプラチナコースを受講しました。半年という時間的な制限があるため、自分を追い詰めようと本格的なオーブンを買ってからテキストを開きました。成果が解りやすい分野だったため、勉強と言うよりは遊びの感覚で学べて、無事に認定証をいただきました。女性として持っていると自慢できる資格では無いでしょうか?
引用:SARAスクール

思い立ったらすぐ挑戦