LOWYAの家具がセール中!

モンローウィンクの成分は?副作用はある?

モンローウィンクの成分は?副作用はある?

インテリさん

毎日1度サラッと塗るだけでまつげのボリュームアップをサポートするまつげ美容液「モンローウィンク」の成分には何が使われているのでしょうか?

マニア君

成分によって副作用があるのかも気になりますよね!

モンローウィンクは優しい成分が使われているので、副作用を引き起こす可能性は極めて低いといえます。

モンローウィンクの主要成分をご説明します。

モンローウィンクの成分は?

年齢とともにまつげが不足したり、まつげが短い・細い・薄いと不十分な状態になります。

それを補うためにマスカラ・ビューラー・つけまつげ・まつげエクステ等のアイメイクが、まつげに負担をかけている場合があります。

まつげへの負担を減らすには周辺の皮膚を健やかに保つことが重要です。

まつげには退行期、進行期、発毛期、成長期と4つの成長サイクルがありますが、発毛期から成長期のまつげが最も成長する5〜6週間の間に重点的にケアすることが大切です。

そこでボリュームあるまつげをサポートする成分を贅沢に配合したモンローウィンクが有効です。

モンローウィンクの感想を読んでもわかるように、豊富に成分が含まれているからこそ使い続けていくうちにまつげの変化を実感できます。

モンローウィンクの主要成分
リデンシル、キャピキシル、ワイドラッシュ、ポリアミン、ナツメ果実エキス、加水分解ケラチン、4大豊潤成分

リデンシル

モンローウィンクのリデンシルは、毛根をケアをする効果があり目元の印象を華やかにします。

世界最大の化粧品原料展示会で銀賞を受賞した成分で、世界的に品質が認められています。

キャピキシル

モンローウィンクに配合のキャピキシルは、傷んだ毛根の手入れをしてしっかりまつげを支えます。

キャピキシルには発毛効果のあるイソフラボンが大豆の20〜30倍含まれています。

ワイドラッシュ

モンローウィンクに配合のワイドラッシュは、美しく際立ったまつげが映えるように、まつげの1本1本にハリ・コシ・ツヤを与えます。

理想的な美まつげに目指すサポートをします。

ポリアミン

モンローウィンクに配合のポリアミンは、毛根のエイジング対策に有効です。

まつげの健康を保つ作用がありますが、年齢とともに減少してしまうのでモンローウィンクで減少を防ぎます。

ナツメ果実エキス

せっかくまつ育を促す成分を配合していても、それが浸透しないと意味がありません。

モンローウィンクに配合のナツメ果実エキスは、美容液にめぐりを良くし、まつげ・毛根へ美容液を促し、浸透のサポートをします。

加水分解ケラチン

モンローウィンクに配合のケラチンは、まつげ1本1本のしなやかさをサポートします。

一般的な化粧品の多くは安価な羊毛由来のケラチンが使用されていますが、モンローウィンクには1.5倍の効果がある羽毛由来のケラチンが使われています。

4大豊潤成分

モンローウィンクには保湿成分である4大豊潤成分が配合されています。

4大豊潤成分
セイヨウサンザシ果実エキス、カシア樹皮エキス、アルギニン、ビオチン

保湿・保温によりまつげの土台を整え、美容液の浸透を良くします。

モンローウィンクに副作用はある?

モンローウィンクは敏感肌や肌の弱い方にも使えるように、厳しい独自の企画を設けて国内工場で製造しています。

防腐剤、エタノール、オイル、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、鉱物油、酸化チタン、酸化鉄、紫外線吸収剤などの肌にとっては邪魔なものはすべて不使用なので、肌トラブルが起きにくくしてありますが、稀に体質にあわず肌荒れが起きてしまう方がいるようです。

肌荒れなどの異常があった際はすぐに使用を中止してください。

また、不安な方は一度パッチテストを行ってから使用してください。

モンローウィンクの成分は?副作用はある?まとめ

モンローウィンクにはまつ育に必要な成分を豊富に配合しています。

短期間では効果があらわれにくいので、1ヶ月〜2ヶ月は使用を続けてみてください。

公式サイトは93%OFFの980円で始めることができ、いつでも中止できるので安心です。